所得税の控除

自営業の控除策

仕事を辞めたといっても前年の所得税はやめてくれません。しっかり請求されてきます。会社勤めの際は問答無用で給与から天引きされていましたが、自営業ともなれば色んな控除策があります。以下の所得控除は税務署も認めてくれるものなので、ある程度の収入がある方は頭に入れたおいたほうがよいでしょう。

雑損控除
納税者、あるいは納税者と生計を一緒にしている配偶者、その他の親族が災害や盗難等によって家屋や家財に損害を受けた場合に適用。
医療費控除
納税者、または納税者と生計を一緒にする配偶者、その他の親族のために医療費を支払った場合に適用。
社会保険料控除
納税者、または納税者と生計を一緒にする配偶者、その他の親族が負担することになっている健康保険料、国民年金など支払いをした社会保険料は全額控除。
生命保険料控除
納税者、または納税者と生計を一緒にする配偶者、その他の親族が受取人となっている生命保険料、個人年金保険料の支払いをした場合は一定の控除がなされます。
損害保険料控除
納税者、または納税者と生計を一緒にする配偶者、その他の親族が保有している家や家財にかけた損害保険契約の掛金や、体の傷害や病気にかけた損害保険契約の掛金の支払いがなされた場合、条件によって控除。
障害者控除
納税者、またはその配偶者、扶養親族が障害者などである場合、一定額が控除。
勤労学生控除
納税者が勤労学生で所得が62万円以下である場合。
配偶者控除
納税者と生計を一緒にしている配偶者で所得が35万円以下の人が対象。
扶養控除
納税者と生計を一緒にしている扶養親族で、所得が35万円以下の人が対象。
基礎控除
すべての納税者には35万円の基礎控除があります。
配偶者特別控除
所得が1000万円以下の納税者と生計を一緒にしている配偶者で、事業専従者にも他の扶養親族にもなっていない人が対象。