年末調整、確定申告

無職での年末調整

源泉徴収は一年間勤務することを前提として凡その額が決定されています。これを明確に試算してその差額を調整するのが年末調整です。年末になって年収が確定した時点で実際の所得税額を計算し、源泉徴収額との差額が調整されることになります。

サラリーマンの時は会社がこの調整をしてくれていましたが、年末まで待たずに会社を辞めた際にはこれがありません。年内に再就職する手立てのない人は自分でこの調整を実行しなくてはなりません。これが確定申告です。

1月1日から12月31日までの一年間の所得額とそれに対する税額を自分で計算し、指定の税務署へ申告するのが確定申告です。その期間は2月16日から3月15日までの間で、この期間に遅れると無申告加算税がつきますので気をつけて下さい。

確定申告に必要な書類

確定申告に必要なものは、以前勤務していた会社からもらった源泉徴収票、所得控除のための書類、印鑑、必要経費の領収書等。初めての人は難しいかもしれませんが慣れてくると至って簡単。これを実行しなくては戻ってくるお金も戻ってきませんので、必ずしましょう。特に一年の前半がサラリーマンで後半がフリーの人は確定申告は必須です。この場合確定申告をしていないとフリーの部分の必要経費(社会健康保険料控除、基礎控除)が試算されずサラリーマンの際の収入のみで税額が試算されるため、50万円程度の損になってしまいます。

会話

当サイトのご利用案内