無職で賃貸物件

公共施設は格安で利用できます

通常、無職状態にある人がアパート等の賃貸物件を借りるのは非常に困難となります。あくまでも無職で借りるためには、よほど信用のおける保証人をつけない限り、契約を締結するのは不可能でしょう。

そこで一つの手段として、形式だけでも派遣社員に登録するか、あるいは事業届けを提出して「自称自営業」という肩書きをつけるかして、とりあえずの無職状態を脱却します。そうすれば、幾ばくかは信用を高めることもできまず。

中には、現在職を探していますので決まりましたら届けます、という後付けで入居できる場合もありますが、それは不動産次第となります。不動産も仲介をしなければ手数料を入ってこないので、基本的に仲介したいと考えています。この場合は大手の不動産屋は回避して、小規模の個人不動産のほうが確率が高いかもしれません。

マンション

保証人

賃貸物件を借りるには必ず保証人が必要となってきます。大抵の場合は親兄弟などの保証人を要求されますが、どうしても保証人がみつからなければ保証人代行を利用することも可能です。料金はだいたい三万円前後となりますが、背に腹はかえれないでしょう。

また、消費者金融などの貸金業からお金を借り入れするにも、無職では融資を引き出すことはほぼ不可能です。これも同様に、派遣社員に登録するか、自営業になるかのいずれかの方法になります。借り入れする際の申込書には、 年収の欄を適当に350万円と記入しておきます。照会することはありませんので、バレることはありません。

当サイトのご利用案内