審査基準

クレジット・ギャップ

 

社会的には必要な信用でありながら、民間信用に任せていては賄えないものを指します。これを埋めるために政策金融がなされるべきだと考えられています。

信用ギャップが生じる背景としては、商業ベースに乗るにもかかわらず法的規制、慣習、情報不足などが民間資金の流れを妨げている場合があります。 消費者金融

また、社会的便益が収益に反映されないため採算が悪い場合や、政府金融によて初めて信用コストを低下させうる場合(規模の経済性が存在する場合等)が考えられます。

つまり政策当局である日本銀行は「最後の貸し手」として、金融機関全体の資金過不足状況をにらみつつ、日銀貸出(日本銀行貸出)や手形オペ(手形売買操作)などを通じてこの資金過不足を調整する。

もし必要であると判断したならば、日本銀行はコール・レートや手形レートなどのインターバンク市場金利を高めにあるいは低めに誘導する。第3は、わが国の金融システムの特徴である間接金融優位性にあり、銀行を仲介とした資金の流れがインターバンク市場の地位を確固なものとしている。

このようにインターバンク市場は金融市場の繁閑を映し出す鏡だけにとどまらず、日本銀行の政策意図が投影される市場でもある。またインターバンク市場の動向は他の短期金融市場、とりわけここ数年、関係者の注目を浴びつつあるオープン市場にも金利裁定取引を通じて波及するものとなっている。