審査基準

クリアバンキング

 

英国の商業銀行のことで、伝統的に手形交換業務を行ってきたことから呼称されました。

19世紀後半から今世紀初めにかけて銀行集中で独占体制となり、ロンドン・クリアリング・バンク、とくにビッグ4と呼称される4銀行(バークレーズ、ナショナル・ウエストミンスター、ミッドランド、ロイズ)が中核を占めています。

クリアリング・バンクは短期金融業務を中心としている点は米国や旧西ドイツの兼営銀行と異なり、また、多店舗を有する支店銀行制度が採用されています。近年は、外銀の進出や住宅金融組合の急成長等を背景に、業務多様化を図っており、中長期金融、住宅金融、証券業務等に進出しています。

消費者金融

インターバンク市場(銀行間市場)はコール市場と手形売買市場などからなります。1971年の手形売買市場以前にはコール市場が唯一のインターバンク市場でした。

現在でもコール市場が短期金融市場の核であり、金融市場全体の要として、資金の流れに重要な役割を担っている。その理由の第1は信用創造(あるいは預金創造)機能をもつ銀行相互間の資金過不足を調整する重要な場であることによるのです。

第2は、「銀行の銀行」という日本銀行の重要な機能が直接に発揮される場であることによります。